神奈川県横浜市 YTM横浜タイマッサージスクール 《ベッドで行なうタイマッサージ》レッスン内容のご紹介

千葉県タイマッサージスクール
 横浜タイマッサージスクールのホームページ        



そんなあなた、この講座があるから
もー安心! (ダサっ)


横浜タイマッサージスクールで学ぶ方の中には、すでにプロのセラピストとしてお仕事をされている方がたくさんいらっしゃいます。
温浴施設でのボディケア、路面店でのもみほぐし、エステ、アロマオイルマッサージなど、スタイルは様々ですが、ご自分のテリトリーで行なう施術の幅を広げ、いつものお客様にさらに喜んでいただきたいと願ってタイ古式を学んでいます。

そんなタイ古式以外のお店で活躍している方の中には、「せっかくタイ古式を学んだけど、自分のお店で行なう施術は主にベッドの上。床で行なうタイマッサージを自分のお店で生かすのは難しそう・・・」と感じている方がいるかもしれません。

また、これから学ぼうと思っている方の中にも、「頑張ってタイ古式の資格を取っても、今働いているお店のベッド上で習った技を生かせるかどうか不安・・・」と心配される方もいるでしょう。

この講座では、普段ベッドで施術を行なっているプロの皆さんが、ベッドの上でどのようにタイ古式を行なうことができるのかを学んでいただきます。
 
本講座の前半部分では、初めてタイ古式に触れるセラピストの方に、タイ古式の基礎的な考え方や歴史、独特のリズム感、動き方を学んでいただきます。とりわけ《世界一気持ちの良いマッサージ》と呼ばれるタイ古式独特のリズム感、身体さばきを学ぶことにより、普段の施術がさらにグレードアップしてお得意様は驚き、感動してくれるかもしれません。

さらに、安全な肘や膝を使った施術法を練習することにより、今まではただ「がむしゃら」に指圧や手のひら圧しを続けるだけだったかもしれない施術が、「自分の身を守り、効率よくお客様をほぐす」施術に変わります。
 
 
 
 
  他のタイマッサージスクールでも「テーブルタイ」などといったプログラムで類似の講座を行なっていますが、そのまま行なうと日本のもみほぐし店に来られるお客様には物足りなく、期待外れに終わる可能性があります。なぜなら日本のボディケアに来るお客様は、「足がだるい」とか「腰が重い」、「肩こり首こりがひどい」など、何とかしてほしい場所が特定されており、身体全体のリラックスやストレッチを求めて《タイマッサージ専門店》に来るお客様とは違うからです。

本講座では、実際にもみほぐしの路面店でスタッフとして勤務した横タイ代表講師の経験から、日本のもみほぐし店のお客様の「特定の場所をほぐしてほしい」という期待を裏切らずに、タイ古式独特の身体の奥深くまで緩めて、自律神経をリラックスさせる要素を取り入れた施術を提案します。

ボディケアセラピストのための《ベッドで行なうタイマッサージ》で学ぶ内容

ベッド上でタイ古式マッサージを行なうとしたら・・・を題材にして以下の内容を学びます。
◆圧の入力 ・ 持続 ・ 減圧の練習 ◆自分に合った圧を知る ◆圧の方向と自分の姿勢
◆「軸 ・ 中心」のイメージとは ◆アームロールを極めよう ◆肩回りのタイ古式的施術

※ 本講座では認定証(ディプロマ)の発行がありません。認定証の取得を希望する方は、ITMカリキュラムとセットで受講することをお勧めします。

 

 

 
横浜タイマッサージスクールが大切にしていること。

タイ古式マッサージを学びたい、と思った時、どこで学ぶのか、スクール選びに悩む方は多いと思います。タイに行って本場で習うのが良いのか、日本のタイ古式マッサージスクールで学ぶのが良いのか…バンコクスタイルのタイ古式マッサージを学ぼうか、チェンマイ式を学ぼうか…費用も時間も無駄にはできませんので疑問や心配は尽きません。

どの学校も勉強になり、学ぶことが多いはずですが、学び始めの最初はオーソドックスで、シンプルな基本形がしっかり正確にできるようになることが大切ではないかと横タイ代表講師は考えます。最近はYoutubeやInstagramでタイ古式特有の美しく流れるような動きの技や、ど派手な空中技まで色々と簡単に目にすることができますが、そのような素晴らしい表現をしている人も、最初は基礎中の基礎、イロハのイから身に着けています。ですからこれから学ぼうとする方は、最初から動画で観るような派手な演出を求めずに、しっかりと基礎を教えてくれそうな講師、スクールを選ぶと良いでしょう。

初心者がタイ古式マッサージを学ぶ上で大切なことは、《その技はどうしてそのように行うのか》、《実際にその技を受けてみるとどのような感覚になるのか》、《その技を行なう上で危険なことはないのか》など、技のかけ方以上に《技の意味》を考える習慣を身につけることです。技の意味を考えずに踊りの振り付けのようにただ覚えた同じ動きを続けるだけならすぐに飽きます。飽きたまま、手ごたえを感じないままタイ古式マッサージの施術を続けるなら、毎日ただの疲れ仕事を続けるだけになり、なかなかモチベーションを維持することが難しいため、タイ古式マッサージへの熱意が次第に薄れ、練習をしなくなり、やがてタイ古式マッサージを仕事として続けることが嫌になったり、相手の体や自分の身体を痛めたりして、そのうちタイ古式マッサージを行わなくなるでしょう。

人間が100人いたら体も100通り。筋肉の付き方、骨格、関節の動き方、すべてバラバラで違っています。ただ単にテキストの図通りに体を動かすことしか学ばないなら、自分ではイケてるつもりなっていても、それは単なる自己満足、あなたの施術を受ける方が本当の意味で満足するタイ古式マッサージにはならないかもしれません。

ひとつの技がどんな効果を狙っているのか、その『技の意味』を知ること。そしてその技が『本当に効いているときの感覚』を施術するあなたの身体に染み込ませること。YTM横浜タイマッサージスクールは、あなたがタイ古式マッサージのセラピストとして長く楽しく続けるために、『本当に効いているときの感覚』、『技の意味』に注目してレッスンします。

整体やカイロ、アロマ、ヨガなど様々なボディーワーク業に携わる方だけではなく、医学の分野からもタイ古式マッサージは注目されています。事実、横浜タイマッサージスクールには、医療従事者、ハリなど国家資格保持者が通われています。ストレスだらけの現代でますますタイ古式マッサージは必要とされることでしょう。

《横浜タイマッサージスクール》はあなたが『安全で』『繊細な』施術を行なえることを目標にレッスンします。横浜タイマッサージスクールでタイ古式マッサージを学び、練習を積んだあなたの施術は、受ける方のストレスを和らげます。あなたの施術のおかげで再び仕事や家庭でその方が頑張れるようになります。その時セラピストとしてあなたは、世の中のために役立ち、人のために役立つことができます。

あなたもぜひ《横浜タイマッサージスクール》で『基礎』を固め、『技の意味』がわかる、長続きするセラピストを目指してください。レッスン中はもちろん、卒業後も全力でサポート致します!

 
 

 
 横浜タイマッサージスクールのホームページ        


横浜タイマッサージスクール